ARTIST

Toyota Ceili Band

日本に於けるケーリー・バンド(アイルランドのダンスの伴奏専門のバンド)主導の定期的なケーリー(アイルランドのグループダンスのダンスパーティ)の開催を望む根強い声に押されて、2011年6月に結成。定期的にケーリーを主催するケーリーバンドとしては日本初。ほぼ毎月アイリッシュ・ダンスのイベントを開催している。2015年、日本初のケーリーバンドコンペティション、Pat Murphy杯優勝。2016年、アイルランド伝統音楽最大の祭典、フラー・キョールFleadh Cheoilの、日本初の国内予選フェーレFeile ケーリーバンド部門で優勝。同年8月にアイルランド本国で開催されたフラー・キョールのケーリーバンドコンペティションにアジア圏から初めて出場し、コンペティション史上初めてのスタンディングオベーションを受け、現地の聴衆、メディアから絶賛された。

<ケーリー・バンドとは?>
アイルランドの伝統的なダンス、特にセットダンスやケーリーダンスと呼ばれるグループダンスの伴奏を専門にするバンド。ピアノとドラムを含む10名前後の編成が一般的。フラー・キョールのコンペティションにおいては、ケーリー・バンド・コンペティションはフェスティバルの最後に行われる花形で、フルート×2、フィドル×3、アコーディオン、コンサティーナ、バンジョー、ドラム、ピアノが最も標準的な編成。
<ケーリーとは?>
アイルランドの伝統的なグループダンスのダンスパーティ。通常ケーリー・バンドによって主催、進行される。3時間程度の長さが一般的で、盛んな地域のフェスティバルになると800人近くが一斉に踊る。

 

『SEVEN MORE』

ダンスを自由に踊ることができない世の中が来ることを誰が想像できたであろうか?

バンドが織りなすグルーブに乗って大勢のダンサーが所狭しと踊る。このギュッとなった一体感こそがアイルランドの文化の醍醐味であるが、それが叶わぬ日々が続く。

“Seven More”とは「あと7人募集!」の意。8人1組で踊るアイリッシュセットダンスを踊ることができないダンサーが頭の中で夢見る光景である。同じくこの時代の大きな変化によって姿を消してしまうことになったスタジオでの最後の録音として、伴奏することを夢見るケーリーバンドが、踊ることを夢見るダンサー達に送る一枚。

【Tracks】
1. Borlin Set - 1st Fig. - Polkas - Many a Wild Night / Walsh's
2. Borlin Set - 2nd Fig. - Polkas - Taureen Derby / The Rattlin' Bog
3. Borlin Set - 3re Fig. - Polkas – The Taur Polka / The Newmarket
4. Borlin Set - 4th Fig. - Slides - Scartaglen / Lis Kelly's
5. Borlin Set - 5th Fig. - Hornpipes – The King of the Fairies / The Taylor's Twist
6. Connemara Set - 1st Fig. - Reels - Miss Thornton's / The Boys of Malin / Jenny's Chickens
7. Connemara Set - 2nd Fig. - Reels - Farewell to Connaught / The Green Fields of Rossbeigh / The Earl's Chair
8. Connemara Set - 3rd Fig. - Reels - The Noon Lassies / The Bucks of Oranmore / Connemara Stockings
9. Connemara Set - 4th Fig. - Polka - Maggie in the Woods

【CD参加メンバー】
豊田 耕三 Kozo Toyota / Flute
沼下 麻莉香 Marika Numashita / Fiddle
権藤 英美里 Emiri Gondo / Fiddle
田中 千尋 Chihiro Tanaka / Accordion
吉田 万紀 Maki Yoshida / Concertina
加瀬 早苗 Sanae Kase / Piano
北川 友里 Yuri Kitagawa / Drums (Track 4, 5, 6, 8, 9)
石崎 元弥 Genya Ishizaki / Drums (Track 1, 2, 3, 7)

定価 税込 ¥2,200
[2021年 3月28日 2nd Album発売]

購入する 試聴する
『Gathering Cloud』

トヨタ・ケーリー・バンドは、日本に於けるケーリー・バンド(アイルランドのダンスの伴奏専門のバンド)主導の定期的なケーリー(アイルランドのグループダンスのダンスパーティ)の開催を望む根強い声に押されて、2011年6月に結成。定期的にケーリーを主催するケーリーバンドとしては日本初。ほぼ毎月アイリッシュ・ダンスのイベントを開催している。2015年、日本初のケーリーバンドコンペティション、Pat Murphy杯優勝。2016年、アイルランド伝統音楽最大の祭典、フラー・キョールFleadh Cheoilの、日本初の国内 予選フェーレFeile ケーリーバンド部門で優勝。
同年8月にアイルランド本国で開催されたフラー・キョールのケーリーバンドコンペティションに アジア圏から初めて出場し、コンペティション史上初めてのスタンディングオベーションを受け、 現地の聴衆、メディアから絶賛された。

購入する